読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neneisan’s blog

紆余曲折を経てマーケティングの仕事をしている、40歳手前の会社員。ふつーのロスジェネ世代の日常。

なんか違う

隣のチームのS子が退職することになった。最近、元気がなかったので少し気にはなっていたが。

S子が退職することが公になり、私のチームのJ子はわざわざ「どうしたんですかねー」「LINEが既読スルーになるんですよー」など、事情を知らない新人さんの前でなんだかんだと、とりとめのないことを言っていた。

気になるのはわかる。私も気にはなる。だが、既読スルーするということは「構わないで欲しい」のアピールではないのか。もやもやとしたものの、理路整然とダメな理由が説明できない気がしたので、「S子は何か思うところあったんじゃない?」とだけ言い、ただひたすら黙っていた。

J子と私の間には、こういうもやもやが多い。ルールだから、とかなら簡単に説明できるが、ちょっと空気を読むというか、よく観察してから口に出すというか、彼女はそういう部分の方向性が少しずれている。飲みに行って話をしていても、何だかポイントがずれたところでやたら気を遣っていたりして、考えていることがあまりよくわからない。でも、完璧に悪いとか間違っているわけではないし、仕事はそこそこちゃんとやっているので、私から指摘するものかというと、それはそれで何か違うような…

ただ、何か違うという気分だけが膨らんでいく。今週はいろいろあって疲れた。

 

指示の難しさ

最近、会社であった出来事をつらつらと書いてみる。

私が所属するのは50人くらいの部署なので、それなりに業務も分担されていて、外部に出すものはチェック体制がある。だから、例えば販促DMなんかを打つときには、作成者→チェック者→決裁→発注 という流れがあって、数人が関わっている。新人も、これらのフローは最初から教えられるので、正社員でなくても知っている。

入社1年弱の後輩A。上司から文章作成を指示されて、文章を作成。この後、チェック→決裁・・・と続いていくのだが、締め切りが近づいても一向に連絡がない。Aに確認すると「作成してと言われたので作成しました」 確かにファイルは完成している。しかし、チェック者にチェック依頼をしていないし、誰にもきちんとした連絡がされていない。だから、そのまま放置。確かに上司は「作成して」としか言っていないかもしれないが・・・。「チェック者に渡してとは言われなかったので、何もしていません」えーー(絶句)。

まあ確かに、私も新人のときは訳もわからず目の前のものをやっつけていたけど・・・Aに限らず「言われたことをやればそれでよい」という思い込みや、「この仕事の最終ゴールは何か?」を考えない仕事の仕方、が最近とても気になる。確かに新人だと「言われたことをその通りにやる」ので精一杯かもしれないが、「これは何のためにやるのか?」を考えれば、まずは自分がどこまでやればいいか(今回の例だと、文章を作成した後、チェック者に連絡する必要がある)が想像できるはずでは?なんだこの食い違い。結局、こちらからの指示としては「ゴールは○○。だから~という文章を作成してね。作成したら、チェック者に回してね」というところまで言わないといけないということか。愕然。

この仕事は何のためにやるか。会社って結局売上のために仕事をしているわけだし、自分の給料はうちの商品を買ってくれたお客さんから出ている。自分が給料をもらうためには、売上を上げ続ける必要がある(直結はしないかもしれないが)。この大原則が欠落しているから、「言われた通りにやっておきました(で、何がいけないんですか?)」っていう感じになってしまう。単なる主体性のなさ、では解決しない話のような気がする。
 
一体、先輩や上司はどこまで指示、指導するのが正解なのか。自問自答はまだまだ続く・・・。

気を遣う

最近知り合った人に、周りに気を遣いすぎなのでは?と思う人がいる。本人は当たり前と思ってやっているみたい(若い人なので)だが、少し心配になるくらい気を遣っているように見える。

私は、周りの人とは支障のない程度に直球で付き合っていく人間なので、気を遣う度合いが極端に違う人とコミュニケーションを取るとなると、それなりに神経を使うことになる。結果、気を遣いすぎる人と付き合うには、普段以上に気を遣うことになる。結果、その場の居心地に影響してくる。

で、周りを見渡してみると、「気を遣われている」と感じると「自分も相手に気を遣わなくては・・・」と自動的に考えるのか、私と同じ傾向になっている人がいる、ということに最近気がついた。


気を遣いすぎる傾向にある人を、気を遣いすぎないようにさせるには、どうしたらいいのだろうか。普通に「気を遣わなくていいよ」と言ったところで、もともと気を遣いすぎるタイプの人に、そう簡単に変えられるものではなさそうだし。だからと言ってずけずけいくのも、荒療治な気がするし。今のところ、答えは出ていない。

何でも満遍なく

正月の男尊女卑、というのを読んだ。事情もいろいろあるだろうから、自分のいうことが正解とは限らないけど、つらつらと。

 

車の運転とか高いところの大掃除は誰がやるんだ、とブコメもあったが、できる限り男も女も何でもやればいい、というのが個人的な考え。昔みたいに、お父さんが終身雇用で稼いできてお母さんが家事、という家庭でなんの問題もなくやっていける時代ならいいが、そんな時代じゃない。男だろうが女だろうが若かろうが年寄りだろうが働ける人は可能な限り働けばよいし、家事も誰でもできた方がいい。やらなくて何も起こらないなら、それに越したことはないかもしれないが、絶対ないとは言えないわけだから、お父さんやお母さんが突然死んだり、身体が動かなくなったりしたらいきなり路頭に迷う。会社も面倒みる体力なんてない。普段から仕事も家事も車の運転もできるようにしておけば、細々でも暮らしは続けていける。

 

家族の喪失感に打ちひしがれながら、慣れない仕事や家事は大変過ぎる。まして介護などとなればなおさら、終わりが見えないんだから、丈夫なひとでも身体や心がやられるだろう。でも、少しでも収入があったり、家事になれていれば、いざという時に少しは動きやすいはず。

 

だから我が家は全員働いているし、家事も何でもする。車の運転も交代でやる。夫のお母さん(70代)も週6で仕事している。誰かに何かあっても、細々とでも継続していける生活。そんな考え方がいいなと思い、この家にきた。

 

会社が生活を保証してくれない時代。みんな何でも少しずつできる方が、楽しく不安少なく生きていけそうな気がする。

初買い物

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature_mb/uq/fe_list/knit?quickviewproduct=173616

 

ぐうたら正月でしたが、今日は夕方から散歩。ふらっと寄ったユニクロでセールをしていたので、カシミヤセーターget.久しぶりに服を買った。

 

ユニクロってやっぱりユニクロだけど、5,000円以上のものは仕事の日もそれなりに使えるかな、と最近は思う。社外の人と直接会う仕事は少ないが、営業マンたちと一緒にいることが多いので、それなりにビジネスっぽい服を選んでおかないと浮いてしまうし。あとは休日用の暖パンも半額だったので入手。これで春まで快適なはず・・・。

 

服って難しい。年齢もあるし、似合う色もあるし、サイズ感、自分のイメージ、TPO。髪型と同じで第一印象も左右するし、お金もかかる。考えるの面倒。だから本気でおしゃれしている人をみると感心する。

読むと書く

小学校に英語科目ができるとか、高校の世界史が変わるとかいうニュースを読んだ。私も小学生の頃に英会話を習った(習わされた?)が、全く身につかなかった上に、英語嫌いになった。それで受験で苦労した。受験英語と日常会話、って話が良く出るが、それ以前の問題。どんな科目でもそうだけど、英語って教える人が大事だと思う。今の小学校の先生が教えられるのか疑問・・・。専門の先生がやるのかな。

 

それより何より、私は、英語をやるより前に日本語をきちんとやった方がいいのでは?と思う。世界での競争力という意味で英語が必要なのもわかるが、英語圏との取引は今のところないし、会社に居て周りを見渡すと、まず正しい日本語が使えない(話せない・書けない)大人は多い。過度にこだわりすぎるのはよくないと思うが、謙譲語と尊敬語の混同、二重敬語、助詞の使い方・・・国語で習うはずのことができない人をよく見かける。「~していただき、~させていただきますので、~させていただけますでしょうか」とか「(自社の人間に)お伝えさせていただきます」なんて当たり前。それなりに難易度の高い筆記試験を通った人間でも、名前の知れた大学を出ている人でも居る。中には「通じればいい」という人もいると思うが、年配の人や上の立場の人を相手に仕事をする時には必要だろう。信用度が変わってくるし、ルールに則った日本語を話すことで、伝わりやすさも変わってくるはず、と思っている。

 

毎回訂正するのは非常に面倒だ。後輩には、できるだけ自分で気づくようになってもらいたいが、なかなかこれまでの積み重ねを崩すのは難しいし、変な癖も直らない。ここで最初の話に戻るのだが、やっぱり小学生(もっと前から?)からの習慣づけは大事なので、学校でもっと「読む・書く」をやった方がいいのではないか。「主人公の気持ちを考える」のも大事だが、答えが一つしかないのはおかしいし、大人になったらもっと突拍子もないことを考えている人に出会うので、感受性さえしっかりしていればそのうち気がつく。そんなことより、技術的な「読む・書く」はどんな人にも必要な能力だし、訓練しないとできるようにならないので、もっと重視されてもいいのに、と思う今日この頃。

今年買ってよかったもの

会社で席替えをしたら、窓近くになって寒い寒い。いいエアコンがついているけど、どうしても頭ばかり暑くなるので購入。補助として使うには十分なパワーで、あったかい。快適。

TEKNOS モバイルセラミックヒーター グリーン TS-310

TEKNOS モバイルセラミックヒーター グリーン TS-310

 

肩・首こりがひどいので、整骨院の先生からも「鞄を片方の肩にかけるのはやめた方がいい」と言われ・・・。でも、ビジネスっぽいリュックって難しい。そんな中探していたのがこれ。予算オーバーだったけどかなり満足。一応、メンズ用っぽいですが。

 顔や各所のカサカサはこれで。ずっと瓶入りを使っていたけど持ち歩きたくなり・・・。でも旅行用のクリーム入れだと溶けてべとべとになる。この点を解消したのがこの商品。少し割高だけど。馬油はいい(私には合う)。

薬師堂 ソンバーユミニ無香料 30ml

薬師堂 ソンバーユミニ無香料 30ml