neneisan’s blog

紆余曲折を経てマーケティングの仕事をしている、40歳手前の会社員。ふつーのロスジェネ世代の日常。

会社という器

最近、ある人と仕事の話をよくする。そのたびに思うのが「会社という器」。私は、新卒で入った会社に15年勤めている。出世には関心がないが、楽しく頼りになる人たちと、嫌なこともあるけどそこそこ楽しくやっている。“野望”的なものがあまりない私にとっては、そこそこ居心地も良いし、やりたいことが部分的にでも形になっていく職場だと思っている。給料もそれなりにもらえている。

その人は、私よりも言動に筋が通っているし、計画的だし、頭もいい。自分ひとりの範疇なら「毎日定時に帰れる」レベルで仕事が回っているのに、周りの人に引っ張られて残業しまくっている。「この会社で出世したいと思わない」と言う。自分の上司や上司の周りの人たちに魅力がない、と。

私はそこまで有能じゃないけど、氷河期の就活でようやく引っかかったのが今の会社。留年していたし、たくさんお祈りされたけど。仕事仲間は、新卒・中途どちらも有能な人ばかりで、何でこの会社に入れたのか、今だにわからないけども、おそらく最初の上司が面接で私を拾ってくれたのだと思う。


辞めたくなったことも何度かあったけど、お世話になった人(今もいる人、いない人、亡くなった人・・・)を思い出すと「もうちょっとやるか」と気を取り直してやってきた。


会社と言う器は、そこにいる人が作るものだと思う。社長や幹部だけじゃなく。そこにいる人の質、やっている仕事の質=器の質となる。そこにいる人が、仕事人としてだけじゃなく、人生全体のレベルアップをしていくことが、器の質をよくしていくことに繋がる。器の質には、その人の仕事面だけじゃなくて、家族だったり、友達だったり、自分に影響を及ぼす全ての人やものが関わってくるはずだ、と思う。

就活は縁もあるから、なかなか理屈だけでは難しい気がするが、自分が好きになれそうな人たちと長い会社員人生を濃く、楽しんで過ごせたら、割と幸せなのではないか。

入りたい器、入りたくない器、世のサラリーマンが自分の気に入った器、自分に合った器に出会えるとよいな、と自分も含めて思った。

FBのアプリ

最初のころは、純正しかなくて、しかも使い勝手がよくない上に更新に時間がかかるという…最近ではメッセンジャーアプリ入れないとメッセージやりとりできなかったり。あまりユーザー目線じゃないアプリだなと思っていたところ。

探すと、もっと軽くて機能はほぼ同じ、あまり違和感ないものがあることがわかり、そちらのアプリへ乗り換えた。ちょっと広告とか出るけど全く問題なし!

FBはこれで稼いでる訳じゃないから、コストもかけてなくて、こんなもんでいいか、って感じなんだろうけど。システムを提供している会社の人間としては、色々考えさせられる。どこまでこだわるか、コストかけるか、どこに注力するか。

プロパー社員

大学卒業してから15年、同じ会社に勤めている。転職しようかと思ったことがない訳ではないが、賢く明るい人たちに囲まれていて、そこまで大きな不満もない。

 

お世話になった先輩方も、プロパー社員ばかりなので、中途入社メンバーの感じている違和感や不満が共感しきれないことも多いなと最近思う。なんか申し訳ない気持ち。

 

何か言いたいことがあるんだろうなと思いつつ、忙しさにかまけて聞ききれないこと、スルーしてしまうこともあると思うし。

 

社会人だから、ある程度はお膳立てしなくても意見してきてほしいけど(先輩方も私も聞く姿勢は持っているつもり)、言ってくるのを待っているのも違うような。

 

15年もやってたって毎日反省すること多々。

今日はそんなもやもやとした考えが頭に浮かんだ一日。

スタバの話

比較的都会に住んでいるので、カフェには困らないが、便利な場所にあるのはスタバ。でも、最近居心地があまり良くないと思う。

なぜか、考えてみた。

一人で読書や作業をしている人より、二人以上の女性客が多くてよく喋っているからかも。私は酒飲みなので、女友達とカフェに行く習慣がないが、飲まない人はカフェで喋るんだなと。

そして、この人たち想像以上に声が大きい。イヤホンして何かに集中していたら気にならないが、何もせずぼんやりしていると気になる。

数年前に比べて、客層変わったなぁと。

水を差すようで申し訳ないが、一人用ゾーンと二人以上ゾーンに分かれてくれるとありがたい。そして、Wi-Fiは一人用ゾーンだけでよいのでは。

“理系女子”の違和感

どなたかが取り上げていた、これ。

すごい違和感。

このカテゴライズでいうと、私も15年くらい前「理系女子」だったけど、たまたま好きになった科目が理系科目だっただけで、理系に男も女もないでしょうと言いたい。

そもそもこんな髪型で実験とかせんし、実験用のめがねをかけることも多いし、白衣もおしゃれに見せすぎ。見た目盛りすぎ。大事なのは中身でしょうと。

見た目でつられでくる学生が、どこまでこの道に残れるのか、とても気になった。

自由とは

 

「村」に関わって弾かれた話 - Ohnoblog 2

時々、覗きに行っていたブログに書かれていた話が、とても響いたので引用させていただくことにした。

「プライベート」で「生存確認」が目的なら、わざわざ街のギャラリーを借りて行う必要はないのでは。誰かの家かアトリエでやればいい。DMを刷りギャラリーで発表している以上、不特定多数に開いている「公」な面を持つのは必定。

もう一通り終わったので書く。

美術は全然わからないけど、音楽を嗜む者として感じたこと。

最近、ある楽団と関わった。

年間通じて毎週末半日は練習に時間を費やしているにも関わらず、「一般の人に見せる」「一般の人に聴かせる」という視点が欠落している人が多いことに気がついた。

自分が、好きな時に好きなだけ、他者からのアドバイスは無視で、自分の技術を磨くこともせず、ストレス発散のために演奏する音を、誰が聞きたいと思うか。

大音量は繊細な演奏があるからこそ引き立つのであって、全て大音量だったら煩いだけなのでは。

そんな問いかけをしながら2ヶ月間。やっと終わったけど、ストレスなのか口内のできものは治らないし、体調も悪かった。やっと終わって、ほっとした途端に治った。

社会人になってからは、比較的自由にやってきたつもりだが、自由=協調性や向上心はなくていい、と勘違い?している人が多いのに驚く。人に聴かせないならそれでいいけど。


また、この手の人たちには日本語が理解されないことも多い。音を出す以外のコミュニケーションは「話す」だから、話が通じにくい人とは気持ちよく一緒に過ごせない。

色々終わったので、一区切りの意味で記録。


同盟か帝国か

組織の話。
会社、地域、趣味の集まりなど、組織はあちこちにある。

そこには、必ず“仕切る人”“ついていく人”“サポートする人”など、役割が生まれてくる。

どんな文化、習慣でやっていくかも構成員の中身、質で決まる。

最近、銀河英雄伝説を読んでいる(2周め)。この話には、同盟軍と帝国軍が出てくる。他にも色々な国がや惑星が出てくるが、同盟と帝国は対称的。

読み進めるにつれてわかってきたことは、同盟軍方式でマネジメントしようと思うと、部下もかなり有能である必要がある、ということ。

いかにも軍隊な帝国軍に比べ、同盟軍は指揮官を盛り立てながら、指揮官は指揮官の仕事に専念できる、という構図。もちろん帝国軍も上層部は有能なのだが、視野が狭い下士官も結構出てくる。

同盟方式で組織をやっていくには、学歴とかだけじゃなくて、本当の意味で、コミュニケーション能力も含めてスペックの高い人が集まらないとスムーズに回らないんだなーと。

そんなことを思った。