読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neneisan’s blog

紆余曲折を経てマーケティングの仕事をしている、40歳手前の会社員。ふつーのロスジェネ世代の日常。

無駄じゃなかった

昨日、職場の後輩と新人教育について話をしていてふと。彼から「勉強のしかたが分からない人っているかも」とのこと。

うちは、専門家にサービス提供をしているので、サービス理解には勉強が欠かせない。もちろん、プロにはかなわないけど、予備知識がないと営業も活用促進もできない。丸暗記では「こういう時はどう使ったらいいの?」に答えられないから。

だけど、「勉強のしかたが分からない」という人もいるらしい。これって、学生時代の習慣じゃない?という話になった。

彼だけでなく、うちの職場はそこそこの学歴の持ち主が多いので、学生時代にきちんと勉強していて、この「勉強のしかた」「勉強の習慣」がもともとできている人が多い。新しいサービスが始まれば、それなりに皆情報共有ししながら勉強して現場に臨んでいる。

私もふと自分を振り返ってみると、学歴はたいしたことないけど「よく勉強したな」とは思う。「させられた」と言うべきかも。とにかく学校や塾に放り込まれ、時に怒られながらいつの間にか「勉強」という習慣ができていた。

学生時代に勉強したことをあまり役立てていない人だけど、習慣ができたことはよかったのだな、と思った事例。