読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neneisan’s blog

紆余曲折を経てマーケティングの仕事をしている、40歳手前の会社員。ふつーのロスジェネ世代の日常。

繰り返す

カフェで。取りとめのない話。

20代後半と思われる女性3人が入ってきて喋り始めた。話題は、結婚とその後のことについて。「結婚したら家に入りたいんだよね」「仕事続けるのはちょっと・・・」「しばらく2人で楽しんでから子ども」とかいう話。全く珍しくない話だが、20代後半の女性ってリアルにこんな感じなんだなー、と新鮮だった。店自体、割と単価が高い店なので、それなりに収入もあるんだろう。

先日、20代後半の職場の女性後輩とおせちの話をしていたら、「作らないんですね」と不思議そうに言われた。まあ確かに、同世代の女友達は専業・兼業問わずやってる人多いけど。おせちって、手間がかかるわりにおいしく作るのは難しいし、お義母さんの作ったのがちゃんとおいしいし(満足!)。それより何より、年末29日まで仕事やのにできるかいな、というのが本音。うちの母なんかもクリスマス頃からずーっと台所に居たイメージ。うまく作れる人、時間が取れる人がやればいいじゃん。料理含め家事は基本的なことはできるけど、誰かのために料理の腕を披露する気はありません・・・。そもそも、夫に勝てる気がしないし。やらない理由をこれだけ並べて開き直り。その代わり稼ぎます(これで許して)。

30代後半の私から見たら、20代女子なかなか“昭和っぽい”です。この話を知人にしたら「時代は繰り返すからね、今の50代が言うようなこと、30年後に言うようになるんじゃない?」と。女性活躍とか世の中では言われているけど、こうやって眺めてみると、社会で活躍したい人と家庭で活躍したい人といるよね。それを選べる時代になるってことか。私、ほんとに昔に生まれなくてよかった・・・(汗)

もちろん、私が見聞きしたのはほんの僅かなサンプルなので、世の中全てがこうではないだろうけど、軽いジェネレーションギャップ。