読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neneisan’s blog

紆余曲折を経てマーケティングの仕事をしている、40歳手前の会社員。ふつーのロスジェネ世代の日常。

おっさんの話

少し前の昼休み、久々に一人だったので会社近くのオフィスビル地下の定食屋さんへ。土地柄、飲食店の単価は割と高いが、ここはお手頃でしかも喫煙可(分煙していない)、おいしい&食後のコーヒー無料と三拍子揃っていて男性率が9割以上。定食はおいしいし、安いし、出てくるの早いし、ということで、男性ではないが一人だとよく来る。分煙していないのに、近隣の某チェーンのカフェより煙草のにおいはしなくて服にもつかない。結構吸ってる人いるんだけど・・・不思議。

さて、ここで食事をしているおっさんたちは、首から下げている社員証をみる限り、なかなの有名企業の人ばかり。着ているアイテムは普通のサラリーマンだが、収入を反映してか、「上質のものを着ている」きちんとした雰囲気。漏れ聞こえてくる話題は・・・誰かの異動や定年の話、仕事の愚痴、女性社員の話、浮気の話。一人で座っている人はたいていスマホでゲーム。どちらも、あまり楽しそうではない。日本のサラリーマンてこんなもんなのかな、と少しがっかりする瞬間だったりする。

色々思い出してみると、「男子の話題は、勉強、女子、スポーツくらい」と思っていた高校時代の私のイメージと同じ。じゃあ女子は何なんだ、と言うと、恋愛、男子、ファッション、芸能人の話くらい。どちらもあまり気に入らなくて、友達が少ししかできなかったけど。本や音楽の話をする人が、私の友達だった。中学時代は部活ばかりしていたので、話題は部活のことしか記憶にないし。

大人になったからって、興味の対象ってあまり変わらないんだな、ということに気づいた。自分の目の前に広がる世界のことを話題にする。まあ当たり前なんだけど。クラスメイト→職場の人、成績→異動・出世・給料など、と変わっただけで本質的には同じ。確かに、生活や仕事など生きていくために必要なものだけど。こういうのって日本人だけなのかな、それとも世界共通?