neneisan’s blog

紆余曲折を経てマーケティングの仕事をしている、40歳手前の会社員。ふつーのロスジェネ世代の日常。

女子校ってどうなのか

kosotatu.jp

こんなのを見かけたので。

私は女子校出身です。自ら望んでというよりは、周りの大人に勧められて入った感じ。そりゃもう最初は戸惑うことばかりだったけど、今から思えばよかったと思うこともいろいろあるので書き留めておく。

・先生の考え方
学校が有名大学進学に力を入れていたので、勉強したい欲は満たされたし、大学受験に対する心配はほぼなかったと思う。ただ、途中でついていけなくなり、落ちこぼれたのでそういう辛さはあったが、周りが一生懸命勉強している人ばっかりだったので、「私も大学へ行こう」という気持ちは最後まで持てた。

また、先生方の考え方が「これからの時代は女子も社会で活躍してほしい。そのために勉強が必要」だった。だから、大人になってから「女子は勉強しなくていい」と言われたことがある人が居ると知って驚いたし、そういう人が居たことで勉強する機会を失った人は居るんだろうなとも思った。実際に本人がどうするか、は社会に出てから本人が考えて選択することであるが、選択肢を広げるためには勉強が必要なのではないかと思っている。

・男は理系、女は文系
理系文系という括り自体がもう通用しなくなってきていると感じるが、私の通っていた学校は文系より理系クラスの方が多かったので、当時は理系に男も女もないと思っていた(実際、大学に入ったら明らかに男子の方が多かったのだが・・・)。女子だから理系科目はあまりできないという思い込みも母校の先生方には無かったようで(君らは賢いんだから、とよく言われていた。実感はなかったけれど)、積極的に多くのことを教えてもらった。

偶然、親もそういうことに口出ししない人だったので、好きな理系科目ができる進路をとった。それに、当時は理系の方が就職が有利と言われていた(実際はどうかわからない)。大学時代、塾講師のアルバイトをしている時は、理系講師不足で結構忙しかった記憶がある。結果的に、氷河期後半だったので、あまり就職の選択肢は多くなかったけれど、研究室生活や研究を通じて得たものは多かったので、理系に進んでよかったと思っている。

・みんな積極的
共学がどうなのか知らずに書くけれど、文化祭や体育祭などでも全員が結構積極的に参加していた記憶がある。協力してくれない人が居て嫌だった、という思い出がない。それに男子がどうのこうの、というのがなくて、それはそれで(もちろん不自然でアンバランスな世界であるとは思うけれども)居心地がよかったように思う。

・アンバランスな世界
これは否定できない。男は先生だけなのだから・・・もちろん、先生との噂のある人が全く居なかったわけではないが、皆「本業は勉強」と思っていたのか、あまり深入りすることもなく揉め事などもなかったように思う。昔と違って、今はいろいろな場所やツールがあるのだから、アンバランス感を払拭したい人は学校外でも習い事など世界を広げれば、この点はカバーできるのではないかと思う。実際、当時でも塾や地元で彼氏のいる人も多かったし、女子校=男日照りというのも違うんじゃないかなと。高校時代の友人らも普通に結婚してますし。


思いつくままにつらつらと。今日のところは以上です。