neneisan’s blog

アラフォー会社員の日々。マーケティングの仕事をしてます。

スマホ中毒の話

toyokeizai.net

今日見た記事。子どものスマホをどうするか、確かに親にとっては大きな問題かもしれない。でも、小中と「一日中際限なくゲームしていた」という夫は、私より勉強もできたっぽいし学歴も頭もいい。理由をいろいろ聞いてみたところ、「ゲームで考え方や戦い方を学んだ」と言う。こういう大人もいるから、頭ごなしに「ゲームダメ、スマホダメ」と言ってしまうと余計に関係性が悪くなるような気がする。

スマホばかり見ていて勉強しない」のは、おそらく“勉強する理由”がわかっていないからではないだろうか。自分は何故勉強する必要があるのか、勉強するとどんないいことがあるのか、がわからないと勉強する気持ちにはなかなかなれない。大人が頭ごなしに「勉強しろ」と言ったところで、本人にその気がなければ、すぐにやらなくなって→大人が怒る→関係性が悪くなる→勉強しない のループになる。

それは仕事や家事でも同じではないだろうか。「なぜやるのか」「やるとどんないいことがあるのか」これを説明し同意してもらえたら、はじめて相手と自分は同じ方向に向かって進むことができる。


話は少し変わるが、スマホ中毒と言えば、どちらかと言うと最近は大人(特にサラリーマン?)かと思う。電車に乗っていてもスマホを見続けているサラリーマンは多いし、オフィスのエレベーターでも、スマホに夢中になっていてドアに挟まりかけている人がいても気づかなかったり、ボタンの前に居るのに押さずにスマホを見続けていたり・・・と「そんなに今見ないとダメな用事ありますか?」と思うような光景をよく見る。

もちろん私も使っているし、SNSなどで知人の様子を見たり、自分がつぶやいたり、ニュースサイトを見たり・・・と移動中や自宅で、画面に向かう時間は結構あるが、その時自分が優先すべきことを優先するようにしている。

こんな小さなものに振り回される人間、もっと強くならないといけないなあと思った出来事。